東急不動産が提案する新しい働き方

02

グリーン
エネルギー供給

入居企業は、CO2排出ゼロの再エネ使用が可能に。
サステナブル社会への貢献をサポートします。

入居企業は、CO2排出ゼロの再エネ使用が可能に。
サステナブル社会への貢献をサポートします。

こんな課題を
抱えていませんか?

  • カーボンニュートラルの取り組みを
    加速したい
  • 省エネルギー・省資源により
    持続可能な社会に貢献したい
  • SDGsの取り組みを推進したい

東急不動産の
再生可能
エネルギー事業
「ReENE」

東急不動産の手がける再生可能エネルギー発電事業「ReENE」は、
開発中のものを含めると全国60カ所以上に拡大しています。
現在の全事業所での総発電量は1201MW(メガワット)にのぼり、
一般家庭で使用する電力に置き換えると、約41万3000世帯分に相当します。
太陽光、風力、バイオマスなどを中心に、成長を続ける発電事業です。

再生可能エネルギー
100%をめざします

東急不動産は、2025年までに事業活動での消費電力を100%再生可能エネルギーへ
移行することを掲げています。2021年(4月)には、「渋谷ソラスタ」をはじめとする
17物件を再生可能エネルギーへ切り替えました。
2022年には、当社単独保有のオフィスビルと商業施設のすべてを再エネ化する予定です。
共用部だけでなく、専有部を含むビル全体を切り替えます。

グリーンエネルギー供給

東急不動産のオフィスに入居することで、
再エネ由来の電力を使用できます。

GREEN WORK STYLE

お問い合わせ・ご相談